経理代行・記帳代行サービスなら安心の“エース会計事務所”にお任せください!

経理代行・記帳代行サービスなら安心の“エース会計事務所”にお任せください!

TOP  >  FAQ一覧  >  腕が悪い税理士ってどんな人?

腕が悪い税理士ってどんな人?

  • 腕が悪い税理士って、どんな人ですか?
  • 仕事をしていく上で、大切な資質が欠けている人です。

具体的には、次のような税理士が当てはまります。

◆質問に答えられない

質問に答えられないようでは、話になりません。
大抵の質問に即答出来る力が必要です。
もちろん、即答する事が難しく、きちんと調べてから回答すべき問題も沢山ありますが、ある程度の目安をパッと出せないようでは、腕が悪いと言えるでしょう。

◆まんべんなく知識がない

例えば、「会社の事は分かるけれど、相続税に関する事はダメ」など、知識にムラがあるのは、腕が悪い証拠です。

◆税金を0にする、やたらに安くしようとする

会社を経営していく上で、ある一定の税金は必ず発生します。
税金を0にしようとすると、行き着く先は、脱税しかありません。
税金は、“正しく払う”事が大切なので、とにかく税金を0にしよう、安くしようという発想を持っている税理士は、腕が悪いと言えます。

具体例をあげて、考えてみましょう。
法人税の場合、大体800万円までは安いというイメージですが、次の2つのうち、どちらが良い方法だと思いますか?

<A>
 1年目…800万円
 2年目…800万円  の法人税を支払う
<B>
 1年目…0円
 2年目…1,600万円 の法人税を支払う

2年間で支払った法人税は共に1,600万円です。
しかし、<A>を選択するのが腕の良い税理士であり、<B>を選択するのが腕の悪い税理士だと思います。

会社にとっては、毎年、少しでも利益を出していく事がとても大事です。
そのために、毎年一定の税金を支払うという選択をした方が、結果、損をしないのです。
その選択が出来るかどうか、また、それをきちんと説明できるかどうか、税理士の力に関係してきます。

会社の今後を一切無視して、
「とりあえず今年の税金は0円です」
と決算を組むような税理士は、腕が悪いと言えるでしょう。

◆「税務調査で戦う」事をウリにしている

きちんと対策していないのでは? と思えます。
月次・年次決算できちんと対策していれば、税務調査が来ても、戦う必要などありません。
あやふやな処理をしているからこそ、とことん戦う必要に迫られてしまうのではないでしょうか。

【関連】

税理士を選ぶ基準はなんですか?
腕が良い税理士ってどんな人

FAQをもっと見る